1950年代ベストナイン

1950年代ベストナイン

戦後から長嶋登場まで

期間中(1950年〜1959年)にベストナインに選出された回数をベースに、単年成績での一発逆転もありつつ、私的ベストナインを1st・2ndチームと選出してみたよ。

まずは期間中にベストナインに2回以上の受賞者を並べて、そこから選出していきます。

歴代ベストナイン一覧(1950年代)

投手部門

# PLAYERNAME TEAM 回数
1 別所毅彦 巨人 4 1st
2 稲尾和久 西鉄 2 2nd
2 藤田元司 巨人 2  

1stチームには順当に別所毅彦。2ndは同数の稲尾と藤田の争い。日本シリーズでの直接対決も然り、56年(稲尾)と57年(藤田)の新人王と同時期に活躍しだした投手でもある。成績、直接対決のほか実働年数でも上回った稲尾に軍配。

捕手部門

# PLAYERNAME TEAM 回数
1 野村克也 南海 4 1st
1 藤尾茂 巨人 4  
3 土井垣武 毎日 3 2nd
3 広田順 巨人 3  

野村が頭角を現したのがプロ入り2年目の56年。ここから68年まで13年連続ベストナイン、通算で19度の受賞することになるのだが、この頃のノムさんも駆け出しながら3年目にして南海の4番を任される。2nd推薦は、50年代の受賞数で言えば藤尾も捨てがたいが、3位の土井垣が40年代を合わせると計6度受賞しており、これが50年代間の1差を覆すだけの能力があると判断で土井垣を選んだ。3割をクリアしているのも大きい。

一塁手部門

# PLAYERNAME TEAM 回数
1 川上哲治 巨人 6 1st
2 飯田徳治 南海 4* 2nd
3 西沢道夫 中日 3  
4 榎本喜八 毎日 2  

順当に1位・2位を選んだ。2位の飯田は外野手部門でも1度受賞しており50年代で計5回受賞しており納得。しかし、3位のミスタードラゴンズ・西沢も見落とせない。40年には投手として20勝、50年に一塁手として46本塁打を記録しており中日の永久欠番となった。「二刀流」というよりは「コンバート大成功」の最たるものであるが20勝40本塁打はNPB史上唯一。打者単年成績をとっても素晴らしく最終的に指名打者枠として採用した。

二塁手部門

# PLAYERNAME TEAM 回数
1 岡本伊三美 南海 5 1st
2 千葉茂 巨人 4 2nd
2 井上登 中日 4  

セカンドは名手揃い。1位の岡本、3割を打った千葉を優先。

三塁手部門

# PLAYERNAME TEAM 回数
1 中西太 西鉄 6 1st
2 藤村富美男 大阪 3 2nd
3 長嶋茂雄 巨人 2  
3 蔭山和夫 南海 2  
3 児玉利一 中日 2  

怪童・中西は圧巻の6度選出で確定。続いてミスタータイガース藤村は2ndチームの4番。捕手の土井垣と同じく40年代の受賞数も合わせると6回受賞しており、存在感という意味では中西よりも上という意見もあるかもしれない。ミスター長島は58年の新人から連続受賞も50年代にはタイミング遅く次世代での登場を願おう。

遊撃手部門

# PLAYERNAME TEAM 回数
1 木塚忠助 南海 5 1st
1 吉田義男 大阪 5 2nd
3 豊田泰光 西鉄 3  
3 平井正明 巨人 3  

バカ肩&韋駄天の木塚、牛若丸・吉田の一騎打ち。ショートというポジションの特性上、守備での逸話が多い吉田もよかったが、同様に木塚の守備の評価も高く、攻走成績で上回った木塚を1stチームに推薦。

外野手部門

# PLAYERNAME TEAM 回数 POS
1 与那嶺要 巨人 7 1st
2 大下弘 東急・西鉄 6 1st
3 山内和弘 毎日 5 1st
4 別当薫 毎日 4 2nd
4 青田昇 巨人・大洋 4 2nd
6 飯島滋弥 大映 3  
6 杉山光平 南海 3  
6 田宮謙次郎 大阪 3  
9 岩本義行 松竹 2 2nd
9 南村不可止 巨人 2  
9 渡辺博之 大阪 2  
9 関口清治 西鉄 2  
9 戸倉勝城 阪急 2  
9 杉山悟 中日 2  
9 毒島章一 東映 2  
9 金田正泰 大阪 2  
9 森徹 中日 2  

全体1位は与那嶺。以降、大下、山内、別当、青田までは受賞回数どおりで問題なく。残り1枠をどうしようか悩んだ。飯島はじめ6位もそれに恥じぬ成績ではあったものの、史上初のトリプルスリーを評価しないわけにはいかない。よって岩本の2ndチーム抜擢となった。

指名打者として回数順位の結果盛れの中から、小鶴誠と西沢道夫を推薦。長嶋茂雄も候補に挙がったが50年代としては見送り。

1950年代ベストナイン

1st TEAM

# P PLAYERNAME T Y AVG HR RBI SB OPS
1 与那嶺要 54 .361 10 69 20 .974
2 木塚忠助 50 .301 8 47 78 .755
3 大下弘 51 .383 26 63 5 1.169
4 小鶴誠 50 .355 51 161 28 1.179
5 川上哲治 51 .377 15 81 14 1.031
6 中西太 西 53 .314 36 86 36 .989
7 山内和弘 57 .331 29 81 10 1.042
8 野村克也 57 .302 30 94 7 .924
9 岡本伊三美 53 .318 19 77 30 .874
P 別所毅彦 52 33W 13L   153K E1.94

2nd TEAM

# P PLAYERNAME T Y AVG HR RBI SB OPS
1 青田昇 51 .312 32 105 22 .960
2 吉田義男 56 .290 8 34 50 .759
3 別当薫 50 .335 43 105 34 1.068
4 藤村富美男 50 .362 39 146 21 1.139
5 西沢道夫 50 .311 46 135 4 .981
6 岩本義行 50 .319 39 127 34 .956
7 飯田徳治 50 .327 23 97 30 .996
8 土井垣武 50 .322 15 72 16 .894
9 千葉茂 52 .312 10 62 11 .856
P 稲尾和久 西 57 35W 6L   288K E1.37

現代人の戦後時代に対する勝手なイメージなのかもしれないが、当時強かった西鉄ライオンズを指す「野武士軍団」というフレーズが丸々当てはまるような、無骨な面々が揃った。1stチームは.350越えのハイアベレージの4人を筆頭に全員が3割越えという超強力マシンガン打線。2ndチームも負けておらず、走・攻・守とも高いレベルで機動力が特に際立っている。