ウルトラ侍ジャパン(1950年ver)

ウルトラ侍ジャパン(1950年ver)

夢とロマンの1950年

1950年代ベストナインをまとめていると、1950年前後がとんでもない打高のシーズンだったことがわかった。その1950年の成績を元に代表チーム「侍ジャパン」が当時あったらどうだっただろうと想像しながら1チーム構成してみた。

1950年代ベストナイン

1950年・侍ジャパン(仮想)

1950年に侍ジャパンがあったらという想定で組んでみた。オリジナル背番号・開幕時点の年齢も合わせて掲載したので合わせて楽しんでほしい。

予想オーダー

# P PLAYERNAME LR T No Ag AVG HR RBI SB OPS
1 大下弘 L 3 28 .339 13 72 18 .961
2 木塚忠助 R 14 26 .301 8 47 78 .755
3 別当薫 R 25 30 .335 43 105 34 1.068
4 藤村富美男 R 10 34 .362 39 146 21 1.139
5 小鶴誠 R 9 28 .355 51 161 28 1.179
6 岩本義行 R 2 38 .319 39 127 34 .956
7 川上哲治 L 16 30 .313 29 119 34 .931
8 土井垣武 R 19 29 .322 15 72 16 .894
9 千葉茂 R 6 31 .290 8 45 16 .802

ベンチメンバー

P PLAYERNAME LR T No Ag AVG HR RBI SB OPS
荒川昇治 R 24 26 .268 3 51 25 .739
伊勢川真澄 R 22 29 .296 13 57 4 .800
西沢道夫 R 15 29 .311 46 135 4 .981
本堂保次 R 8 32 .306 12 84 13 .780
白石勝巳 R 1 32 .304 20 58 7 .878
青田昇 R 5 26 .332 33 134 29 .941
P PLAYERNAME LR T No Ag AVG HR RBI SB OPS
多田文久三 R 29 29 .217 3 17 0 .684
真田重蔵 R 18 27 .314 2 36 2 .839
野口二郎 R 26 30 .259 3 41 8 .619

投手スタッフ

P LR PLAYERNAME T No Ag W L K ERA WHIP
SP Ro 真田重蔵 18 27 39 12 191 3.05 1.06
SP Lo 荒巻淳 13 24 26 8 150 2.06 1.07
SP Ro 藤本英雄 17 32 26 14 156 2.44 1.05
SP Ro 別所毅彦 11 28 22 11 157 2.55 1.17
SP Lo 大島信雄 27 29 20 4 70 2.03 1.21
SP Lo 柚木進 21 30 19 10 132 2.79 1.21
SR Ro 野口二郎 26 30 15 9 61 3.16 1.12
SR Ro 多田文久三 29 29 14 9 138 2.91 1.25
RP Ro 林義一 12 30 18 11 158 2.40 1.19
RP Ro 緒方俊明 28 28 20 13 101 2.98 1.20
RP Ro 米川泰夫 23 23 23 23 207 3.24 1.22
RP Lo 金田正一 34 17 8 12 143 3.94 1.57
CL Ro 杉下茂 20 25 27 15 209 3.20 1.24
いずれも1950年の成績
(共通)P=ポジション、No.=背番号、LR=利き、Ag=年齢
(打者)AVG=打率、HR=本塁打、RBI=打点、SB=盗塁
(投手)SP=先発、SR=先発救援、RP=救援、CL=抑え
W=勝利数、L=敗戦数、S=セーブ数、K=奪三振数、ERA=防御率
※背番号は空想でつけてみたもの
赤文字はリーグ最高

セ・パ優勝チームから真田と荒巻、左右のエースが揃った。荒巻は新人。捕手も優勝チームからの2人がマスクをかぶる。おそらくバッテリー運用は相性よく優勝チームバッテリーとなるだろう。先発6本柱は強豪チームのエースで埋まった。ブルペンスタッフは当時分業制もなくデータも少ないため、その他の先発投手で揃えた。野口と多田は野手としての出場も多く緊急時の出場もある。

後ろ3枚も本職ではなく独断で選出した。まずは無尽蔵のスタミナを誇る米川。パの奪三振王でもあり大車輪の活躍が見込まれる。左の金田は大抜擢。弱冠17際の即戦力サウスポーがどこまで通用するのか見もの。抑えの切り札はセの奪三振王・杉下。フォークの神様が試合を締める。若手三人衆「SKY」に注目が集まる。

一塁手はベストナイン外から川上が入った。その川上の連続ベストナインを阻んだ西沢を控えに回し、神様・川上をスタメンに。これには野手の左バッターが大下と川上の2名しかおらず、スタメンのバランスを考慮したため。二塁の千葉・本堂は拮抗する争い。105の四死球を選び出塁率.428を誇った千葉を組み込み嫌らしさのアクセントを追加した。ショートは木塚の足と肩が光る。

外野へ目を移すと、首位打者の大下が「天才スター」なら、別当・小鶴のコンビも三拍子揃ったスター。外野は青田を含め華のある面々となった。

1番に大スターの天才・大下。2番は韋駄天・木塚と積極的な布陣。3番・4番は前年阪神で一緒だった小鶴・藤村の並び(藤村は兼任監督、小鶴は毎日に引き抜かれてるので関係性がよかったかは疑問だが)。5・6番も松竹の3・4番「トリプルスリーコンビ」がそのままの並びで入る。7番は左バッターの川上を優先したが、相性や調子で西沢スタメンの選択もあり得る。また川上を5番にあげれば3番から6番までの主軸にいい意味でワンクッション置くことができ、攻撃面でのバリエーションも増えるだろうか。8番・9番は守備の要のベテラン、黒子的な活躍を期待するには充分な人選だろう。

 

年齢分布

PITCHINGSTAFF 年齢 BATTINGSTAFF
  35以上 岩本(38)
  34 藤村
  33  
藤本 32 本堂・白石
  31 千葉
柚木・野口・林 30 別当・川上
多田・大島* 29 西沢・土井垣・伊勢川
別所・緒方 28 大下・小鶴
真田 27  
  26 木塚・荒川・青田
杉下 25  
荒巻* 24  
米川 23  
金田*(17) 22以下  
*印は新人

バスの時刻表のようになってしまったが、こうして年齢分布を眺めて想像するのも面白い。投手陣は各世代に分散されており理想的だとも言える。野手は投手陣よりも平均年齢が上のようだ。岩本は当時でいえば超ベテラン。選手寿命も現代より5年は短かろう時代でのことだ。38歳でトリプルスリーを達成したのだから恐れ入る。この人に年齢的常識は当てはまらないのだろう。その岩本より21歳年下、のちに400勝を上げる金田を代表メンバーに大抜擢。8月以降に8勝を上げたことを考えると、この抜擢もありえないことではない。

全体的に見れば「28-30前後が脂の乗ったいい時期」これには時代も関係ないようだ。

背番号秘話

# PLAYERS # PLAYERS # PLAYERS
  1 白石 勝巳 11 13 荒巻 淳 19 23 米川 泰夫
  2 岩本 義行   14 木塚 忠助   24 荒川 昇治
  3 大下 弘   15 西沢 道夫   25 別当 薫
23 5 青田 昇   16 川上 哲治 18 26 野口 二郎
3 6 千葉 茂   17 藤本 英雄 16 27 大島 信雄
24 8 本堂 保次   18 真田 重蔵 11 28 緒方 俊明
3 9 小鶴 誠   19 土井垣 武 19 29 多田文久三
  10 藤村 富美男   20 杉下 茂   34 金田 正一
  11 別所 毅彦   21 柚木 進      
  12 林 義一   22 伊勢川 真澄      
私的に割り振った背番号。
グレーの数字は所属球団での背番号。

侍ジャパンで同じユニフォームに袖を通すため背番号の設定も行った。重複した背番号もあった場合は筆者の独断で割り振った。花形選手の「3」正捕手の「19」などまだ長島や野村がデビューする前の出来事である。

重複が多かったのは「3番」だった。単純に年長者優先でもよかったが、当時の大下は国民的な人気を誇ったことに配慮して大下を優先。内野手の千葉は3の倍数で「6」、外野手の小鶴は3の倍数で「9」とした。

「24」が荒川と本堂で重複したので、内野手の本堂に以前付けていた「8」を渡した。

投手で最も重複したのは「11」。実績のある別所に「11」を託し、左のエース格の荒巻にはサウスポーらしい「13」を、緒方は以前付けていた「28」とした。野口は名前の「ジロウ」の当て字で「26」、同じく多田も名前の「フクゾウ」の当て字で「29」を与えた。大島には残りで最も若い番号の「27」を渡した。

個人的な考え方として、野手は1桁、投手は2桁というのがベースにあり、その調整も行った。意外にも人気の1桁番号が空いていて、本来なら23番の青田を2+3=5ということで5番に、23歳で23勝23敗と23に縁のある米川のために「23」をあけた。

ラッキー「7」不在なのが心残りではある。無理やり埋めるとすれば、スピードスターの木塚を「7」にし、沢村栄治らが背負った「14」を荒巻か大島に渡すだろうか。好みによるか。

木塚、西沢、川上、土井垣など野手で10番台の投手のイメージが先行する番号を付けた選手がいるのも時代の特徴か。全体的にはなかなかバランスの良い配分にまとまったと感じる。